> > Rip It Up: The Best of Specialty Records【直輸入盤】【限定盤】【180g重量盤LP】 | ヴァリアス・アーティスト
ヴァリアス・アーティスト / Rip It Up: The Best of Specialty Records【直輸入盤】【限定盤】【180g重量盤LP】【アナログ】

動画紹介

輸入商品 動画視聴 数量限定
ヴァリアス・アーティスト / Rip It Up: The Best of Specialty Records【直輸入盤】【限定盤】【180g重量盤LP】【アナログ】
ヴァリアス・アーティスト

Rip It Up: The Best of Specialty Records【直輸入盤】【限定盤】【180g重量盤LP】

【アナログ】
722-4105
1
【配送期間】

出荷予定日:2022年07月07日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・代金引換
・d払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2021年09月17日
送料無料 価格:4,148円(税込)

輸入盤/輸入アナログ盤/輸入グッズ/韓国輸入商品 に関するご注意

※輸入商品のため、入荷時点で、商品(ジャケット・外装ビニール・外装箱・ケース・封入物など含む)に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れ・角潰れ・再生に影響のないディスク盤面の傷・汚れ・イメージ違い・個体差などが見られる場合がございます。
※付属特典なども同様に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れなどが見られる場合がございます。
※商品の収録・封入内容が事前告知なく変更になる場合がございます。
※発売元や輸入流通事情および天候など様々な理由で商品のお届けが遅れる場合がございます。

これらを理由にしたご注文のキャンセル、商品や付属特典の返品・交換はお受けいたしかねます。商品の状態・品質につきましてはあらかじめご了承の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。

商品紹介

★Specialty Records設立75周年を記念した最新コンピレーション! Little Richard, Lloyd Price, Sam Cooke, Roy Miltonなどロックンロール創生期の名曲群を全収録!

■グラミー賞®を受賞した作家でありミュージシャンでもあるビリー・ヴェラによるライナーノーツを掲載。
■1940年代のロサンゼルスは、世界のエンターテインメントの中心地として君臨していた。しかし、戦後の映画産業が活況を呈していた一方で、レコード産業はこの街に根を下ろしたばかりだった。そんな時、ハリウッドにやってきた若き興行師アート・ルーペは、成長するシーンに参加したいと考えていた。ゴスペルやブルース、R&Bの熱心なファンだったルーペは、大手レーベルの多くが黒人アーティストに力を入れていないことに気づいた。その代わりに、白人の聴衆にアピールするようなアーティストと契約していた。Rupeはこの状況を変えようと、自身のレーベルであるJuke Box(後にSpecialty Recordsと改称)を立ち上げた。彼が最初に契約したのは、ロイ・ミルトンという地元のバンドリーダーだった。1945年、ミルトンは「R.M.ブルース」を大ヒットさせた。ベラがメモに書いているように、ミルトンは新鮮なサウンドの基礎を築いていた。「ロイがドラマーとシンガーを兼任していることが、レコードに意外な魅力を与えていた。ロイのヴォーカル・マイクはスネアドラムの音漏れを拾い、後にロックンロールの核となる音となるバックビートを強調していた」。
■Specialtyの最も信頼できるスターの1人であるミルトンは、同レーベル在籍中に19枚のR&Bシングルのトップテンを獲得した。彼の成功は、ジミー・リギンズをはじめとする新しいアーティストを惹きつけた。1953年の「ドランク」のようなアップテンポのブギーは、ロックの先駆けでもあった。リギンズの弟でブルースの人気ピアニストだったジョーもレーベルに参加し、スウィングする「ピンク・シャンパン」(1953年)などのヒット曲を発表した。
■他にも、レイ・チャールズの「ヒット・ザ・ロード・ジャック」を作曲したことで有名な、多作なブルース・シンガーソングライターのパーシー・メイフィールドも加入していた。その10年前、メイフィールドはSpecialtyでキャリアをスタートさせ、初のR&B No.1ヒット「Please Send Me Someone to Love」をリリースしている。10代のロイド・プライス(後に「パーソナリティ」や「スタッガー・リー」でポップ・チャートに登場)もスペシャルティでキャリアをスタートさせ、よくカバーされるデビュー曲「Lawdy Miss Clawdy」でR&Bチャートのトップ・ヒットを記録した。また、ルーペは人気上昇中のドゥーワップに着目し、ジェシー&マービン(ジェシー・ベルビンとマービン・フィリップスのボーカル・デュオ)と契約。
■Rupeは才能を見抜く鋭い耳を持っていることを証明したが、彼が契約した1人の若くて派手なパフォーマー、Richard Pennimanは、ポップミュージックの風景を永遠に変えることになる。1955年の「Tutti Frutti」でシーンに登場したリトル・リチャードは、瞬く間にクロスオーバーのセンセーションを巻き起こし、ロックンロールの先駆者となった。その後の2年間、リチャードは「Long Tall Sally」、「Rip It Up」、「The Girl Can't Help It」、「Lucille」、「Good Golly, Miss Molly」などのヒット曲でチャートを席巻した。「リチャード・ペニマンは、Specialtyとロックンロールを同義語にしたアーティストだ」とヴェラは主張し、60年以上経った今でも、彼の歌は「同じようにワイルドで、コントロールできない音がする」と付け加えた。Specialtyの下で、リチャードは3枚のアルバム(1957年のデビュー作『Here's Little Richard』を含む)をリリースし、12曲以上のR&Bのトップ10ヒットを放ち、その多くがビルボード・ホット100のトップ10にランクインした。このカリスマ的アーティストは、1956年の「The Girl Can't Help It」や「Don't Knock the Rock」など、いくつかのヒット映画にも出演している。しかし、1958年、リチャードはゴスペルに専念するためにスターダムを去ってしまった。また、スペシャルティから何枚もレコードを出しているゴスペル・グループ、ソウル・スターラーズのメンバーであるサム・クックという有望な若手シンガーにも力を注いだ。クックの「I'll Come Running Back to You」は、デビュー曲「You Send Me」(Keen Records)に続く、R&Bチャートでの2曲目のヒット曲となった。ルーペを支えたのは、A&R、プロデューサー、アレンジャーとしてレーベルのサウンドを形成したバンドリーダー、ロバート・“バンプス”・ブラックウェルだった。ブラックウェルはスペシャルティで、リトル・リチャード、ラリー・ウィリアムズ、サム・クック、ロイド・プライスなどの初期のキャリアを導いた。次の年には、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやボブ・ディランなどの作品を手がけた。
レーベルの圧倒的な成功にもかかわらず、ルーペは音楽業界に嫌気がさし、1959年にSpecialtyを閉鎖した。しかし、10年半の間に彼が成し遂げたことは並大抵のことではなかった。ポピュラー音楽に与えた影響は計り知れないが、ルーペの最も重要な貢献の一つは、黒人アーティストを擁護し、音楽業界に蔓延していた人種間の壁を取り払ったことである。9月に104歳になるルーペは、2011年にロックの殿堂からアーメット・エルテガン賞を授与されました。この賞は、“ロックンロールの創造的な発展と成長、そして若者の文化に影響を与えた音楽”に大きな影響を与えた非芸能界の専門家を称えるもので、ルーペはこの賞を受賞しました。そのためにヴェラは、「アート・ルーペという名前は、巨人たちと同じように尊敬の念を持って語られるべきだ」とシンプルに宣言しています。アート・ルーペという名前は、サム・フィリップス、アーメット・エルテガン、ジェリー・ウェクスラー、レナード・チェスといった巨人たちと同じように、尊敬の念を持って語られるべきだ」とヴェラは言い切る。

動画紹介

収録内容

[L P]

Side A
01.
Lawdy Miss Clawdy / Lloyd Price
02.
のっぽのサリー~ロング・トール・サリー / リトル・リチャード / Long Tall Sally / Little Richard
03.
R.M. Blues / Roy Milton & His Solid Senders
04.
I'll Come Running Back To You / ソウル・スターラーズ
05.
Pink Champagne / Joe Liggins & The Honeydrippers
06.
トゥッティ・フルッティ / リトル・リチャード / Tutti Frutti / Little Richard
07.
Please Send Me Someone To Love / パーシー・メイフィールド
08.
Information Blues / Roy Milton & His Solid Senders
09.
ボニー・モロニー / ラリー・ウィリアムズ / Bony Moronie / Larry Williams
Side B
01.
Lucille / リトル・リチャード
02.
Dream Girl / Jesse & Marvin
03.
Drunk / Jimmy Liggins And His Drops Of Joy
04.
Ain't It A Shame? / Lloyd Price
05.
ショート・ファット・ファニー / ラリー・ウィリアムズ / Short Fat Fannie / Larry Williams
06.
Lost Love (Baby, Please) / パーシー・メイフィールド
07.
Oooh-Oooh-Oooh / Lloyd Price
08.
Best Wishes / Roy Milton
09.
Rip It Up / リトル・リチャード

商品レビュー

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。