> > TBS VINTAGE CLASSICS (24) ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
ヴィルヘルム・ケンプ / TBS VINTAGE CLASSICS (24)  ブラームス:ピアノ協奏曲第1番【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
ヴィルヘルム・ケンプ / TBS VINTAGE CLASSICS (24)  ブラームス:ピアノ協奏曲第1番【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
ヴィルヘルム・ケンプ

TBS VINTAGE CLASSICS (24) ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
TYGE-60019
1
【配送期間】

出荷予定日:2020年02月24日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)
・代金引換
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2014年02月19日
価格:3,457円(税込)

送料無料

ご注意

■このディスクは通常のCDプレーヤーとSACDプレーヤーのどちらでも再生できます。

内容

~眠っていた巨匠たちのジャパン・ライヴが今、甦る~
TBSの倉庫で眠っていた貴重な世界の巨匠たちの音源を最新リマスター、SACDハイブリッドで発売!

商品紹介

豊かな感興とあふれ出る情熱。名匠ケンプの貴重な日本におけるブラームス・ライヴ録音。


世界の名演奏家の中には、日本を気に入って、何度も来てくれる人がときどきいる。ヴィルヘルム・ケンプ(1895-1991)は、20世紀の大ピアニストのうちでも特に日本を愛した人である。ケンプは1936年から79年まで、実に10度も来日し、その優しく親しみやすい音楽を各地で披露した。ケンプはドイツ音楽に定評のあったピアニストであり、その中には当然ブラームスも含まれている。彼の弾いたブラームスの小品集や、コンヴィチュニー指揮シュターツカペレ・ドレスデンと共演したピアノ協奏曲第1番のレコードは、名盤として知られている。だから、日本でこの曲を演奏しているのも別に不思議なことではないように思われるが、実はケンプが日本で弾いたブラームスの協奏曲の録音というのはかなり貴重なものである。というのも、彼が日本でピアノ協奏曲を弾く場合、まずはベートーヴェン、次いでモーツァルトやバッハであったからだ。 増田良介(ライナーノーツより)
マスタリング:2013年12月 by 杉本一家(ビクタークリエイティブメディア)

レコーディングデータ

録音年 1961年10月9日(1-4)、1954年11月11日(5)
録音場所 東京厚生年金会館(1-4)、日比谷公会堂(5)
指揮者 上田 仁(1-4)
演奏者 ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ [2-5:)
楽団 東京交響楽団(1-4)

収録内容

[SA-CD]

モーツァルト:
01.
歌劇《魔笛》K.620 序曲
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品1
02.
第1楽章: マエストーソ
03.
第2楽章: アダージョ
04.
第3楽章: ロンド: アレグロ・ノン・トロッポ
ベートーヴェン:
05.
6つのエコセーズ 変ホ長調 WoO 83

商品レビュー

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。