ダニエル・バレンボイム / サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン》、他【CD】
ダニエル・バレンボイム / サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン》、他【CD】
ダニエル・バレンボイム

サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン》、他

【CD】
UCCG-4651
1
【配送期間】

出荷予定日:2021年08月04日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・代金引換
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2009年11月11日
販売価格:1,676円(税込)

内容

ジ・オリジナルス Special - アンコールプレス 全48タイトル/2016年3月23日発売】

アナログ時代の音源を[ハイビット・リマスタリング]で蘇らせたシリーズのリニューアル!
不滅の名盤がルビジウム・カッティングで更なる感動を呼び起こす!

■OIBP 〈オリジナル・イメージ=ビット・プロセッシング〉
オリジナル・アナログ・マスターテープに詳細に記録されている録音データに基づき、DGが開発した最新のテクノロジー「オリジナル=イメージ・ビット=プロセッシング」(略してOIBP)による、録音テイクごと丁寧にバランスやアコースティックを調整して、演奏家が望んだであろう、そして、エンジニアが録ろうとしたであろう、オリジナル・サウンドをより鮮明に、より表現豊かに再現しています。1本のマスター・テープのために割く作業内容は、大変に神経のいるもので、出来上がるまでにかなりの時間を要します。このように制作されたアルバムは、また新たな感動をもって聴くことができます。

商品紹介

オルガンの壮大な響きが極めて効果的に用いられたサン=サーンスの第3交響曲は、循環形式の手法によって細部に至るまで有機的に関連付けられ、全体が見事に統一された作品です。この交響曲をバレンボイムが雄大なスケールで表現していますが、この演奏はオーケストラをシカゴで、オルガンをパリ近郊で収録しており、そのシンクロ録音が初出当時大いに話題になりました。パリ管弦楽団との《死の舞踏》《バッカナール》をカップリングしています。 [OIBP]

レコーディングデータ

録音年 1975年5月(1-3)、1978年(4)、1981年(5-6)
録音場所 シカゴ、メディナ・テンプル(1-3 [オルガンのみ1975年6月、パリ、シャルトル大聖堂にて録音])、パリ(4-6)
指揮者 ダニエル・バレンボイム
演奏者 ガストン・リテーズ(オルガン [1-3])
楽団 シカゴ交響楽団(1-3)、パリ管弦楽団(4-6)

収録内容

サン=サーンス:交響曲 第3番 ハ短調 作品78《オルガン付》
01.
第1楽章: Adagio - Allegro moderato - Poco adagio
02.
第2楽章: Allegro moderato - Presto -
03.
第2楽章: Maestoso - Allegro
サン=サーンス:
04.
歌劇《サムソンとダリラ》作品47 - バッカナール
05.
オラトリオ《ノアの洪水》作品45 - 前奏曲
06.
交響詩《死の舞踏》作品40

商品レビュー

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。