Aぇ! group ボン・ジョヴィ
Aぇ! group ボン・ジョヴィ
> > A Short Diary【直輸入盤】 | セバスチャン・ロックフォード、キット・ダウンズ
セバスチャン・ロックフォード、キット・ダウンズ / A Short Diary【直輸入盤】【CD】
輸入商品
セバスチャン・ロックフォード、キット・ダウンズ / A Short Diary【直輸入盤】【CD】
セバスチャン・ロックフォード、キット・ダウンズ

A Short Diary【直輸入盤】

【CD】
453-4944
1
【配送期間】

出荷予定日:2024年04月15日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)
・代金引換
・d払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2023年01月20日
送料無料 価格:2,797円(税込)

輸入盤/輸入アナログ盤/輸入グッズ/韓国輸入商品 に関するご注意

※輸入商品のため、入荷時点で、商品(ジャケット・外装ビニール・外装箱・ケース・封入物など含む)に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れ・角潰れ・再生に影響のないディスク盤面の傷・汚れ・イメージ違い・個体差などが見られる場合がございます。
※付属特典なども同様に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れなどが見られる場合がございます。
※商品の収録・封入内容が事前告知なく変更になる場合がございます。
※発売元や輸入流通事情および天候など様々な理由で商品のお届けが遅れる場合がございます。

これらを理由にしたご注文のキャンセル、商品や付属特典の返品・交換はお受けいたしかねます。商品の状態・品質につきましてはあらかじめご了承の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。

商品紹介

★イギリス人ドラマー、セバスチャン・ロックフォードのECM初リーダー作品でピアニスト/オルガニスト,キット・ダウンズとのデュオ作品。

■ロックフォード曰くこの作品は“愛を持って、慰めの必要性から作られた、音の記憶”でロックフォードの父親であるスコットランド、アバディーンの詩人である父、ジェラルド・ロックフォード(1932-2019)と彼の家族に捧げられたもの。
■10人兄弟の一人であるセブは、ジェラルドの死後すぐにほとんどの曲を書き、ピアニストのキット・ダウンズとともに、深い感情と賛美歌のような透明感のある演奏で、この楽曲群を届ける。最後の切ない曲「Even Now I Think Of Her」は、ジェラルド・ロックフォードが作曲したものでセバスチャンはこう説明する。 「父が携帯電話に向かって歌い、私に送ってくれた曲です。これをKitに転送しました。彼はそれを聴いて、それから僕たちは始めたのです」。
■ロックフォードは、父親が亡くなった後、「毎日、時には起きているときでさえ、音楽が私の中に入ってきて歌っているようだった」と回想している。最初は書くことに葛藤があり、書きたくなかったのですが、書いているうちに心地よさを感じ、また自分が感じていることを体で感じ取ることができるようになりました。 だから、音楽的な意味で、これは私の日記になったのです」。しかし、このアルバムには、印象的なメロディやテーマと痛烈なコード進行が盛り込まれており、シンプルなグランドピアノと必要最低限のドラムキットの上に、多くのニュアンスと異なる音色と色調が広がっている。
■このアルバムは、ロックフォードが幼少期に住んでいたスコットランドの家で録音された。「祖父のピアノは父の兄弟から贈られたもので、私が父と呼んでいた素晴らしく心優しい人への賛辞でもあります」。
ドラマーは、父親のピアノの前に座って曲を書きながら、原稿用紙にメモを取り、楽譜では表現できない細かい雰囲気や空気感を、必ず言葉で記録していった。「すべての楽曲に楽譜があり、音色はフィーリングの重要な部分であるため、ピアノがあるダイナミクスを超えるとフィーリングが損なわれると思い、キットとあるダイナミクスを実現することについて話をしました。作曲もこの時期の私にとっての慰めだったので、録音した音楽にはそれを反映させたかったんです」。
■ロックフォードは、これまでアンディ・シェパードのECM作品『Trio Libero』(2012)、『Surrounded By Sea』(2015)、『Romaria』(2018)でドラムを担当。マンフレート・アイチャーに、『A Short Diary』の制作に前向きであるかどうか打診した。「マンフレートは、一緒に仕事をすることにしたアーティストが目指していることを集中的に強化し、開花させる方法を理解していると感じています。このアルバムが出来上がった経緯と、彼とのこれまでの経験から、彼はこの音楽を理解し、敏感になってくれるだろうと感じました」。
その後、アイヒャーとの共同作業による綿密なプロダクションが行われ、ミュンヘンでミキシングが行われた。「マンフレートのミックスを聴くと、まるで私が作ったものを見せてもらっているようで、初めて音楽を聴いたような気がします。正直なところ、彼がどのようにして音楽をこのように鳴らしたのかさえ分かりませんが、彼が音楽のすべてを強化し、焦点を合わせてくれたように感じました」とコメントしている。

レコーディングデータ

録音年 2020年2月24-25日
録音場所 Waverley, Aberdeen
演奏者 Sebastian Rochford(ds, composition), Kit Downes(p)

収録内容

[C D]

01.
This Tune Your Ears Will Never Hear
02.
Communal Decisions
03.
Night Of Quiet
04.
Love You Grampa
05.
Our Time Is Still
06.
Silver Light
07.
Ten Of Us
08.
Even Now I Think of Her

商品レビュー

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。