> > TBS VINTAGE CLASSICS (5) ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 日本初演 | 上田 仁
上田 仁 / TBS VINTAGE CLASSICS (5) ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 日本初演【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
上田 仁 / TBS VINTAGE CLASSICS (5) ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 日本初演【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
上田 仁

TBS VINTAGE CLASSICS (5) ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 日本初演

【SA-CD】【SA-CD HYBRID】
TOGE-11115
1
【配送期間】

出荷予定日:2019年06月20日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・代金引換
・クレジットカード
・後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2013年09月18日
価格:3,394円(税込)

送料無料

ご注意

■このディスクは通常のCDプレーヤーとSACDプレーヤーのどちらでも再生できます。

内容

~眠っていた巨匠たちのジャパン・ライヴが今、甦る~
TBSの倉庫で眠っていた貴重な世界の巨匠たちの音源を最新リマスター、SACDハイブリッドで発売!

商品紹介

上田仁と東響のショスタコーヴィチ!!伝説の名コンビによる交響曲第12番《1917年》の日本初演の記録が、ついに蘇る。


戦後の日本において、社会主義を支持する人々が多かったこともあり、ソヴィエト・ロシアの文化は畏敬にも似た憧れをもって受け入れられていた。~雑誌『音楽芸術』は1953年5月にプロコフィエフ、1954年5月にショスタコーヴィチ特集を組んでいる。~そんな時代に、ソ連の同時代音楽を日本に紹介するうえで大きな役割を果たしたのが、東京交響楽団と、その常任指揮者を務めていた上田仁である。しかし現在、上田と東響の功績は、よく知られているとは言い難い。理由は簡単で、現代のわれわれにとって、実際に彼らの演奏を聴くことは不可能に近かったからである。~その意味で、今回発見されたこのライヴ録音の意義は大きい。
増田良介(ライナーノーツより)

レコーディングデータ

録音年 1962年4月12日
録音場所 日比谷公会堂
録音方法 (モノラル[ライヴ収録])
指揮者 上田 仁
楽団 東京交響楽団

収録内容

[SA-CD]

ショスタコーヴィチ:交響曲 第12番 ニ短調 作品112 《1917年》
01.
第1楽章: 「革命のペトログラード」 モデラート - アレグロ
02.
第2楽章: 「ラズリーフ」 アダージョ
03.
第3楽章: 「アヴローラ号」 アレグロ
04.
第4楽章: 「人類の夜明け」 リステッソ・テンポ - アレグレット - モデラート
上田仁
05.
上田仁 インタビュー

商品レビュー

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。