> > ストラヴィンスキー: バレエ《ペトルーシュカ》、バレエ《プルチネッラ》
リッカルド・シャイー / ストラヴィンスキー: バレエ《ペトルーシュカ》、バレエ《プルチネッラ》【CD】【SHM-CD】
リッカルド・シャイー / ストラヴィンスキー: バレエ《ペトルーシュカ》、バレエ《プルチネッラ》【CD】【SHM-CD】
リッカルド・シャイー

ストラヴィンスキー: バレエ《ペトルーシュカ》、バレエ《プルチネッラ》

【CD】【SHM-CD】
UCCD-2260
1
【配送期間】

出荷予定日:2021年04月19日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・代金引換
・ドコモ払い
・auかんたん決済
発売日:2021年03月24日
価格:1,650円(税込)

内容

没後50年。20世紀のNO.1クラシック作曲家ストラヴィンスキーの代表作・代表的名演をラインナップ!

1882年、帝政ロシアに生まれ、スイス、フランス、アメリカと世界を股にかけて活躍したイーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)は、20世紀クラシック音楽の中でも最も演奏され、最も録音され親しまれている作曲家といえます。中でもディアギレフからの委嘱で作曲された《火の鳥》、《ペトルーシュカ》、《春の祭典》はもとより、様々な作品で20世紀の芸術に多大なる影響を与えました。

今回ラインナップされた20タイトルには、時代を彩った代表的名盤や、録音される機会の少ない作品のレア盤など重要なディスクをラインナップしました。

音楽史上でも有名な怒号が飛び交った《春の祭典》初演や《ペトルーシュカ》初演を指揮したモントゥーによる1956年ステレオ録音や、コクトーが語りを務め名手が揃った決定盤といわれるマルケヴィチの《兵士の物語》、1971年のレコード・アカデミー賞に輝いたメータの野生美と神秘性に満ちた《春の祭典》、1978年レコード・アカデミー賞受賞のデイヴィス/RCO盤、1982年レコード・アカデミー賞で管弦楽と録音の2部門を受賞したドラティの《春の祭典》、2001年レコード・アカデミー賞録音部門受賞のブーレーズによる《うぐいすの歌》などの定評ある受賞盤、小澤征爾がノーマンやシュライアーを招いて第1回サイトウ・キネン・フェスティバルで上演したオペラ・オラトリオ《エディプス王》など話題盤・重要盤は勿論、ナッセンがDGに録音した珍しいレパートリーを収録した2枚、さらにストラヴィンスキー演奏に定評あるブーレーズ、デュトワ、シャイーの録音から魅力ある名盤をラインナップしています。

商品紹介

ストラヴィンスキー定盤


【ストラヴィンスキー没後50年】【初プライスダウン】【SHM-CD】【グリーン・カラー・レーベルコート】

当初ピアノ協奏曲として着想された《ペトルーシュカ》の極彩色の華麗な演奏は、3管編成に縮小した1947年版によるものです。イタリアの古典的な仮面劇をテーマにした《プルチネッラ》は、ペルゴレージの遺稿を素材としてストラヴィンスキー独自のスタイルで書かれた新古典主義的な作品。コンセルトヘボウを名実ともに手中に収めたシャイーが、魅力的な演奏を展開しています。

レコーディングデータ

録音年 1993年10月(1)、1992年10月(2)
録音場所 アムステルダム
指揮者 リッカルド・シャイー
演奏者 ジャック・ズーン(フルート)(1)ペーター・マスーズ(トランペット)(1)ルード・ヴァン・デン・ブリンク(ピアノ)(1)アンナ・カテリーナ・アントナッチ(ソプラノ)(2)ピエトロ・バッロ(テノール)(2)ウィリアム・シメル(バス)(2)
楽団 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

収録内容

CD

01.
バレエ《ペトルーシュカ》(1947年版)
02.
バレエ《プルチネッラ》

商品レビュー

関連商品

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。