レナード・バーンスタイン / ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》【CD】【MQA/UHQCD】
レナード・バーンスタイン / ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》【CD】【MQA/UHQCD】
レナード・バーンスタイン

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》

【CD】【MQA/UHQCD】
UCCG-40068
1
【配送期間】

出荷予定日:2020年07月13日

ご注意

【ご利用可能なお支払方法】

・クレジットカード
・後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)
・代金引換
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
発売日:2018年06月20日
価格:3,300円(税込)

送料無料

内容

◆MQA-CD × UHQCD =ハイレゾも聴ける高音質ディスク。 これが、CDの最終進化形だ!

※ハイレゾCD名盤シリーズは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。
※詳しくはhires-cd.jpをご参照ください。

商品紹介

【ハイレゾCD名盤シリーズ】


【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【スリムケース帯】【生産限定盤】

1980年度のレコード・アカデミー大賞を受賞したウィーン・フィルとのライヴ録音によるベートーヴェン交響曲全集から、唯一ウィーン国立歌劇場で録音された第9番《合唱》を収録した一枚です。バーンスタインならではの白熱のライヴを迫力のサウンドで!(1979年録音/2015年マスター)

★オリジナル・テープから独Emil Berliner Studioにて2015年に制作したDSDマスターを352.8 kHz/24bitに変換して収録
★解説付/歌詞対訳付

※本シリーズは当初、DSDマスターを176.4kHz/24bitに変換して収録する予定で、商品の外装(帯)にもそのように表記していますが、 制作段階において、より音質面でのアドバンテージが認められた、352.8 kHz/24bitでの収録に変更させていただきました。

レコーディングデータ

録音年 1979年9月 
録音場所 ウィーン国立歌劇場〈ライヴ・レコーディング〉
指揮者 レナード・バーンスタイン
演奏者 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)、ハンナ・シュヴァルツ(アルト)、ルネ・コロ(テノール)、クルト・モル(バス) ウィーン国立歌劇場合唱団
楽団 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

収録内容

CD

交響曲 第9番 ニ短調 作品125《合唱》
01.
第1楽章: Allegro ma non troppo, un poco maestoso / 1. Allegro ma non troppo, un poco maestoso (Live)
02.
第2楽章: Molto vivace / 2. Molto vivace (Live)
03.
第3楽章: Adagio molto e cantabile / 3. Adagio molto e cantabile (Live)
04.
第4楽章: Finale (Ausschnitt) / 4. Finale (Ausschnitt)
05.
第4楽章: Presto -「おお友よ、このような音ではない!」- Allegro assai / 4. Presto - "O Freunde, nicht diese Töne!" - Allegro assai (Live)

商品レビュー

And More...その他の商品

配送に関するご注意

分割配送には対応しておりません。別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。
例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。
複数の予約商品が同じ注文にあった場合は、「一番遅い発売日」に併せての一括配送となります。
・予約商品は、発売日より弊社配送センターの2営業日前の正午までにご購入いただいた場合は、発売日にお届けするよう配送準備を行っております。
※遠方の場合、天災、配送などの都合で発売日に届かない場合もございます。
・弊社配送センターの定休日(土曜日、日曜日、祝日など)の出荷はございません。